読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

monkeymiyukiのブログ

芸能 ㊙ 噂話

スポンサーリンク

中山美穂、その恋愛遍歴と工藤静香との関係は?【画像あり】

中山美穂、その恋愛遍歴と工藤静香との関係は?

昨年は元夫、辻仁成との離婚騒動で話題となった中山美穂、離婚の原因は中山の不倫だったそうだが、実は中山はこれまで数々の男たちと恋愛遍歴を重ねてきた恋愛猛者でもある。そしてそれは、彼女の周囲の人間関係に多大な影響を及ぼしてきた。

 

http://blog-imgs-69.fc2.com/m/u/g/mugen1226/23693.jpg

 

そこで今回は中山美穂に関して・・・

・これまでの活躍、その経歴は?

・これまでの恋愛遍歴は?

・かつての親友、工藤静香との間に何があったの?

こんな疑問に答えていきたいと思う。

 

これまでの活躍、その経歴は?

中山美穂は1970年3月1日長野県佐久市で生まれ、東京都小金井市で育った。中学1年のとき原宿でスカウトされ、モデルクラブボックスコーポレーションに所属。カセットテープやコンタクトレンズのCM、少女マンガ雑誌「花とゆめ」でモデルなどを務めた。

その後、現在の所属事務所であるバーニング傘下のビッグアップルに移籍。中学卒業後、東京都立北園高等学校定時制に進学したが、芸能活動に専念するため、一年生時に中退した。

中学時代の中山には「ヤンキー」だったというウワサが数多くある。彼女の現在に至るまでの人間関係の激しさ、多彩さはこのころすでにその萌芽があったのかも知れない。 1985年にTBSドラマ「毎度おさわがせします」でツッパリ少女役を演じドラマデビュー。ローティーンの性を扱ったこのドラマで過激な演技、台詞を披露し注目を集める。

同年に 歌手としてもデビュー。1987年のドラマ「ママはアイドル」で愛称としての「ミポリン」が定着し、トップアイドルとしての地位を確立。当時勃興した「月9」などのトレンディドラマに数多く出演し、歌手としても紅白歌合戦に7回出場している。 その後は女優業と歌手の両立を目指し、1992年10月に中山美穂&WANDS名義でリリースした「世界中の誰よりきっと」が180万枚を超える大ヒット、1994年2月にリリースされた「ただ泣きたくなるの」で初のミリオンヒットを記録した。

90年代後半以降は徐々に映画に活躍の場を移し、エッセイストとしても活動するようになる。

 

これまでの恋愛遍歴は?

2014年に辻仁成との離婚騒動で話題になった中山美穂であるが、実はこれまでにも数多くの男性と恋に落ち、そして別れてきた。その始まりとしては1989年に当時のジャニーズのトップアイドル、田原俊彦との密会、半同棲生活をスクープされたことに始まる。その後二人は公然とハワイ旅行に行くなど熱愛を見せつけていたが、後に破局。この破局には当時の親友であった工藤静香が大きく関係しているというが、これについては後述しよう。

その後は作曲家・シンガーソングライターの井上ヨシマサ、「裏原系」の元祖と言われるスタイリスト・野口強との熱愛を経て、2002年に辻仁成と結婚、ところが辻の「中性化」に嫌気が差し始めたと言われる中山は、離婚後とも離婚中とも言われる。

2014年に音楽家の渋谷慶一郎との交際をスタートさせる。その後渋谷とは不仲説も囁かれたが、未だに交際は続いているようだ。

 

かつての親友、工藤静香との間に何があったの?

中山美穂の最初の熱愛である田原俊彦との破局のきっかけになったのが、当時の親友工藤静香であったと言われている。元々二人は同じようなヤンキーキャラであったこともあり、テレビで親友であることを公言する仲であった。ところが中山と田原俊彦の交際が始まってしばらくした後、テレビ番組の「かくし芸大会」で共演した工藤静香と田原俊彦が手を繋いだり仲睦まじく隣に座っていたことに中山が疑問をいだき、工藤静香を問い詰めたところ大喧嘩になり、田原とも関係が悪化、破局に至ったのだそうだ。

これより現在に至るまで中山と工藤の関係は修復されていないという。 80年から現在に至るまで、激流のような人間関係を生きてきた中山美穂。40代も半ばに差し掛かった彼女であるが、これからも「毎度お騒がせ」な大活躍は続きそうだ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク